知財を浸透させたい。

今日は2つの打ち合わせがありました。一つは弁護士先生とのランチミーティング。もう一つはお客様との商標登録出願の打ち合わせ。

どちらの打ち合わせでも、中小企業やベンチャー企業の商標登録出願について議論しました。
そこ再認識したのが、「中小企業に知財の重要性が全然浸透していない!」っていうことです。
比較的手軽に権利を取れて、効果も高い商標登録出願ですら、まったくと言っていいほど浸透していないのです。

商標登録の意義やリスクを知らずに経営されて、トラブルになってはじめてその重要性に気付く。
そんな事態になる前に、トラブルを未然に防ぐ必要がある。そこに少しでも貢献したい。

知財に少しでも関心のある中小企業・ベンチャー企業の経営者の皆さん、私が説明に伺います。
お気軽にご相談ください。

弁理士・折坂茂樹


IT・ハイテク系の特許申請なら【IPボランチ国際特許事務所】にお任せください。

関連記事を読んでみる

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ:

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ