特許を取る意義。

色々な人とお話しさせていただくと、人によって特許を取ることによって何を得たいか、つまり特許を取る意義をどう考えているかが全く異なることに驚かされます。

「特許を取る意義って何?」という問いは、弁理士にとってとても答えづらい問いです。

お客様の状況によって、何に意義があるかが全く異なるからです。

自分の事業を守るための参入障壁として特許権を取得する、というのが一番普通の考え方かもしれません。

その他には、
「他社とクロスライセンスして自分の研究開発における選択しを増やす」
「商品の広告に“特許出願中”とか“特許”の文字を入れて権威づけをする」
「資金調達において出資者にアピールする目的でのために係属中の特許出願を持っておく」
など、色々な考え方がありうるわけです。

特許出願をするときには、何を期待するかに応じて、明細書や特許請求の範囲の記載を調整する必要があります。

私は、「単に技術を理解して特許出願のお手伝いをするだけでは弁理士の仕事として十分でない」と考えています。

従来技術とお客様の技術とを正確に把握すると同時に、お客様の事業の現状と展望をきちんと理解して、知財の力でお客様のビジネスをアシストする。そしてそのために、コミュニケーションの労を惜しまない。それが私どもの流儀です。

IPボランチ国際特許事務所
弁理士・折坂茂樹


IT・ハイテク系の特許申請なら【IPボランチ国際特許事務所】にお任せください。

関連記事を読んでみる

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ:

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ