プロフィール

氏名:折坂 茂樹 (Shigeki Orisaka)

弁理士 登録番号16654
経済産業省後援ドリームゲート認定アドバイザー
座右の銘:Give, Give, Give, Give and Give!!

経歴
1975年生まれ
石川県出身(本籍地という意味で)

幼少期〜高校
親の転勤に伴い、高松→札幌→東京→山形→西宮と全国各地を渡り歩く。

大学・大学院
大阪大学工学部電子工学科
大阪大学大学院工学研究科電子工学専攻
研究テーマ:非接触型の原子間力顕微鏡(AFM)の研究
研究室で開発した原子間力顕微鏡を使ってシリコン単結晶の表面を観察していました。
実験に必要な回路やプログラムを作ったり、得られた実験結果から非接触で画像化できる
メカニズムを考察したり、という充実した研究生活を送りました。

社会人として
2000年 株式会社アドバンテストに入社
半導体試験装置に組み込まれるアナログ試験ユニットの研究開発に従事。
アナログ信号処理回路、AD変換器、DA変換器、メモリ、種々のロジック回路等を利用した
アナログ試験ユニットを開発していました。
また、オリジナルの超高速DA変換器の研究開発を行いました。

2004年 芦田・木村国際特許事務所
主に日本特許庁向けの特許出願明細書作成に従事
計時装置、半導体装置、事務機器などの特許出願明細書を作成しました。

2005年〜2012年8月 龍華国際特許事務所
入所当初は外国出願の中間処理を担当
その後、国内出願、中間処理、調査、鑑定、翻訳、マネジメントと業務範囲を拡大。
主な担当技術分野は、半導体試験装置、計測器、プリンタ、撮像装置、プロセッサ、通信装置、光ファイバ、医療機器、発光素子、ソフトウェアなど。様々な技術分野に対応してまいりました。

2012年9月 吉祥寺にてIPボランチ国際特許事務所を開設

2011年12月8日

このページの先頭へ